活動報告

【活動報告】9月14日、料理研究家・浜内千波先生を講師にお招きして、弘前大学と青森県、青森県食生活改善推進員連絡協議会、楽天レシピ、ローソンは、健康な食事啓発プログラム「だし活キッチン」レクチャーを行いました。


更新日:2017年9月19日

 9月14日、料理研究家・浜内千波先生を講師にお招きして、弘前大学と青森県、青森県食生活改善推進員連絡協議会、楽天レシピ、ローソンは、健康な食事啓発プログラム「だし活キッチン」レクチャーを青森県総合社会教育センター(青森市)で行いました。
 開会にあたり、弘前大学の中路先生や青森県の松坂サブマネージャー、青森県食生活改善推進員連絡協議会の山谷会長、楽天の向谷シニアマネージャー、ローソンの松本部長よりご挨拶を頂戴しました。
 本レクチャーでは、県内8エリアの青森県食生活改善推進員12人を対象に、料理研究家 浜内千波先生が栄養に関する最新の知見をもとに減塩レクチャーを行い、全ての調理に汎用的に使える浜内式「減塩調理」の基礎を伝授しました。簡単な塩分計算方法の講義は特に盛り上がり、浜内先生が楽しいトークでリードしながら、参加者は互いに確認しながら計算の知識を身につけていました。
 さらに浜内先生が、青森県産食材を豊富に使用した「できるだしシリーズ」や、酸味、香りを使うなど、自宅でも実践しやすく、汎用性のある調理のデモンストレーションを行い、参加者は真剣にメモを取っていました。
 後半では、青森県食生活改善推進員が自ら多数の減塩レシピ案をワークショップ形式で考案・発表したところ、そのアイディアの豊富さに企業担当者から驚きの声が上がりました。
 弘前大学と青森県、青森県食生活改善推進員連絡協議会、楽天レシピ、ローソンの五者は、今後も、「だし活キッチン」を通じて健康な食事啓発を進めて参ります。ご期待ください。


 おいしく減塩 健康な食事啓発プログラム「だし活キッチン」イメージ


「だし活キッチン」記者発表会、レクチャー
日時:  2017年9月14日(木)10時30分~15時30分
場所:  青森県総合社会教育センター 3階 調理実習室
     (青森市大字荒川字藤戸119-7)
出席者: 弘前大学大学院医学研究科社会医学講座 特任教授 中路重之氏 
     弘前大学 教授・副理事(研究担当) 村下公一氏
     青森県 農林水産部総合販売戦略課 地産地消グループマネージャー 小枝秀氏
     青森県 健康福祉部がん・生活習慣病対策課 健やか力推進グループ
     サブマネージャー 松坂育子氏
     料理研究家 浜内千波氏
     青森県食生活改善推進員連絡協議会 会長 山谷詠子氏
     楽天株式会社 メディア事業部 ソーシャルメディア事業課
     シニアマネージャー 向谷和男氏
     株式会社ローソン 商品本部 東北商品本部 部長 松本茂氏

 
中路先生            山谷会長

 
浜内先生            松坂氏

 
向谷氏             松本氏


レクチャーの様子

「だし活キッチン」今後の予定
●2017年9月25日(月)から8カ月間にわたり、青森県食生活改善推進員の皆様が青森県内8地域(弘前市9/25、青森市10/5 ※以降、東地方、八戸市、三戸郡、五所川原市、上十三地域、むつ市 で開催予定)で順次、料理教室を開催し、①での学びを地域の食生活改善推進員の仲間や県民に広めます。料理教室の参加者は、毎日の料理に活用できる減塩テクニックを学ぶことができます。

●広く活動を普及するために、毎月約900万人が利用しているレシピサイト「楽天レシピ」のサイト内に2017年9月15日(金)より「だし活キッチン」の公式ブランドページを開設いたします。公式ブランドページでは、青森県食生活改善推進員や青森県が考案した  県産だしを活用しておいしく減塩し、リンゴやニンニクなど県産食材をふんだんに使った減塩レシピ  を紹介します。
URL: https://recipe.rakuten.co.jp/official/dashikatsukitchen/

 


●「だし活キッチン」の活動を県内でさらに広め、定着させるため、本取り組みでは料理研究家の浜内千波先生監修のもと、青森県食生活改善推進員とローソンが共同開発した、青森県産食材を使ったおにぎりを、2018年3月から8月まで毎月1品青森県内のローソン店舗で発売する予定です。

プレスリリース




平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

ページトップへ