活動報告

【活動報告】10月19日、参画機関のクラシエ 稲益悟志氏、サントリー 浅野悠氏、ハウス食品 上野正一氏が「デジタルヘルスDAYS2018」で講演を行いました。


更新日:2018年10月19日

 10月17~19日、弘前大学COIは参画機関(花王株式会社、ライオン株式会社、クラシエホールディングス株式会社、イオンリテール株式会社、北海道システム・サイエンス株式会社、マルマンコンピュータサービス株式会社)と共同で「デジタルヘルスDAYS2018」(於:東京ビッグサイト)に出展しました。

 10月19日にはデジタルヘルスシアター講演に、クラシエ 稲益悟志氏、サントリー 浅野悠氏、ハウス食品 上野正一氏がそれぞれ登壇し、弘前大学COIと連携した取り組みについて講演し、大変多くの方にご参加いただき盛況となりました。

 ブースでは弘前大学COIの取組のほか、内臓脂肪見える化を切り口とした健康改善支援事業(花王)、唾液検査システムSMT(ライオン)、毛髪・血管測定(クラシエ)、イオンモールを活用した「生活習慣病予防モデル」概要(イオンリテール)、腸内細菌叢解析による腸年齢を推定できる個人向けサービス(北海道システム・サイエンス)、職場での健康管理クラウドサービス(マルマンコンピュータサービス)などを展示し、多数のお客様にご来場いただきました。

 多くの皆様にご来場、ご聴講いただき、まことにありがとうございました。


デジタルヘルスDAYS2018
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/dhdays/2018
・日程: 10月17日(水)~19日(金)
・会場: 東京ビッグサイト(東1-3ホール)
・入場料: 3,000円 ※来場事前登録者は無料
・来場事前登録:
https://expo.nikkeibp.co.jp/xtech/regist.html


10月19日に開催した「デジタルヘルスシアター講演」
・日程: 10月19日(金)12:15~12:30
・講師: クラシエホールディングス株式会社 経営企画R&D戦略推進チームリーダー
     稲益悟志氏
・題:  冷えとフレイルへ独自のアプローチ~超多項目ビッグデータ活用による
     未病状態の改善 


・日程: 10月19日(金)13:15~13:30
・講師: サントリー食品インターナショナル株式会社 ジャパン事業本部 商品開発部
     開発主任 浅野悠氏
・題:  「水と健康」を科学する


・日程: 10月19日(金)14:15~14:30
・講師: ハウス食品グループ本社株式会社 イノベーション企画部 グループ長
     上野正一氏
・題:  健康情報データと食習慣との関連分析結果を活用した新たな食スタイルの開発

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

ページトップへ