活動報告

【イベント情報】12月16日、弘前大学 村下公一教授が、サイエンスキャッスル2018東北大会において特別講演を行います。

 
更新日:2018年11月14日
 
 12月16日、弘前大学 村下公一教授が、「サイエンスキャッスル2018東北大会」において特別講演を行います。
 サイエンスキャッスルは、「世界中の中高生を研究者に」を合言葉に2012年から実施している中高生のための学会で、東北・関東・関西・九州・シンガポール・マレーシアの各会場での開催を予定しています。
 当日、村下教授は中高生による研究発表の審査員も務め、弘前大学COI研究推進機構でもブース出展する予定です。
 
村下教授の特別講演
■日 時: 平成30年12月16日(日)12:05-12:45
■場 所: ウィル福島 アクティおろしまち(福島市鎌田字卸町10番の1)
■講演者: 弘前大学 COI研究推進機構 教授 村下公一先生
■演 題: 青森は日本一の短命県? 
      住民を対象とした「健康ビッグデータ」で未来を変える!(仮)
 
サイエンスキャッスル東北大会2018 
https://s-castle.com/touhoku2018/
■日 時: 平成30年12月16日9:00-17:00
■場 所: ウィル福島 アクティおろしまち(福島市鎌田字卸町10番の1)
■テーマ: 地域に根を張る先端研究

 
  
ページトップへ