活動報告

【イベント情報】11月20日、21日「カラダ改善プロジェクト(HOSPEX)」で、村下教授が講演をおこないます。


更新日
:2019年9月25日

 11月20日、21日、一般社団法人日本能率協会 主催「カラダ改善プロジェクト(HOSPEX)」にて、弘前大学 村下公一教授が講演をおこないます。事前登録者は、無料でご参加いただけます。皆さまのご参加をお待ちいたしております。
 
 カラダ改善プロジェクトは、超高齢化社会を迎えた課題先進国の日本における、国民の健康寿命の延長や健康リテラシーの向上、予防医療の発展を通じて高騰する医療費の適正化を推進することを目的に6つの展示会を開催します。詳しくはイベントホームページをご覧ください。
 

 
「カラダ改善プロジェクト」
■会期: 2019年11月20日(水)~22日(金)10:00~17:00
■会場: 東京ビッグサイト 西展示棟(東京都江東区有明3-11-1
■主催: 一般財団法人日本能率協会
■入場登録料:3,000円(税込) ※招待状持参者、事前登録者は無料。
       イベントホームページよりご登録いただけます。
 
―出展者セミナー(ソリューションセミナー)
■日時: 2019年11月20日(水)11:00~11:40
■会場: 東京ビッグサイト 西ホール
■講師: 弘前大学COI研究推進機構 教授 / COI副拠点長(戦略統括) 村下公一先生
■演題: 弘前大学COI「寿命革命」プロジェクト最前線
      超多項目健康BDベースとした新行動変容モデル開発―
 
―特別講演
■日時: 2019年11月21日(木)11:00~12:00
■会場: 東京ビッグサイト 西ホール
■講師: 弘前大学COI研究推進機構 教授 / COI副拠点長(戦略統括) 村下公一先生
■演題: 2000項目健康ビッグデータで「寿命革命」実現を目指す
      ―Society5.0時代の未来型ヘルスケアサービス「新健診モデル」の追求―
 
ページトップへ