新着情報

【メディア情報】5月8日から弘前大学COIと黒石市、ライオンなどが黒石市内の小学校高学年を対象に歯列と生活習慣の関係性を調査し始めたことが、陸奥新報(5月9日)に掲載されました。

更新日:2019年05月09日

190509-mutsu-3.jpg

 弘前大学COIと黒石市、ライオンなどは、同市の小学4~6年生を対象に歯列と生活習慣の関係性を今年度より3年間調査します。

 記事では、“今の健康づくりはロコモティブシンドロームとメタボリックシンドロームに焦点を絞っているが、歯科口腔も加えた3本柱とし、健康づくり活性化のきっかけにしたい”と、中路重之特任教授の言葉が紹介されました。

―成田真矢 記者(陸奥新報社)



(陸奥新報)
※これらの記事に関しましては、陸奥新報社より掲載許可を
 得ています。
※この画像は、当該ページに限って陸奥新報の記事利用を
 許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ