新着情報

【メディア情報】5月8日から弘前大学、黒石市およびライオンが黒石市内の小学校高学年を対象に口腔・歯列調査を開始したことが、東奥日報(5月9日)に掲載されました。

更新日:2019年05月14日

190509-touou-20.jpg

 5月8日、弘前大学、黒石市およびライオンが黒石市内の小学校高学年を対象に口腔・歯列調査を開始しました。
 記事では、“これまではメタボやロコモティブシンドローム(運動器症候群)に焦点を絞り短命県返上へ向け活動してきたが、歯科・口腔をもう一つの柱として捉えることで、健康づくりに活力が生まれれば”と、中路重之特任教授の言葉が紹介されています。


―本田海輝 記者(東奥日報社)



(東奥日報社)
※これらの記事に関しましては、東奥日報社より掲載許可を
 得ています。
※この画像は、当該ページに限って東奥日報の記事利用を
 許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ