新着情報

【メディア情報】5月29日、弘前大学と株式会社ファンケルが共同研究講座を開設したことについて、陸奥新報(5月31日)に掲載されました。

更新日:2019年06月04日

190531-mutsu-3.jpg

 弘前大学と株式会社ファンケル(社長:島田和幸氏)は、2019年5月1日付で共同研究講座「フレイル予防学研究講座(英語表記:Department of frailty research and prevention)」を開設し、5月29日に弘前大学において開講式を執り行いました。「フレイル」とは、加齢により身体機能や認知機能の低下が衰え、要介護の一歩手前となる状態を指します。

 記事全文は、下記リンク先からご覧いただけます。


―西尾瑛 記者(陸奥新報社)


(陸奥新報)
※これらの記事に関しましては、陸奥新報社より掲載許可を
 得ています。
※この画像は、当該ページに限って陸奥新報の記事利用を
 許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ