新着情報

【メディア情報】弘前大学COIが開発した「啓発型健診」の海外展開について、東奥日報(10月16日)に掲載されました。

更新日:2019年10月24日

191016-touou-1.jpg

 この度、弘前大学が開発した「啓発型健診」(新型健診)が、国際協力機構(JICA)の「2019年度 草の根技術協力事業」に採択されました。本年度から3年間補助を受け、ベトナムの日系企業で事業を展開いたします。

 啓発型健診は、健診・結果判定・健康指導を即日おこなう、コンパクトな健診です。ベトナムから、今後さらにアジア圏に健診を広げ、広域での“寿命革命”を目指します。

 記事全文は、以下リンク先よりご覧いただけます。


―菊谷賢 記者(東奥日報社)





(東奥日報社)
※これらの記事に関しましては、東奥日報社より掲載許可を
 得ています。
※この画像は、当該ページに限って東奥日報の記事利用を
 許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ