新着情報

【メディア情報】弘前大学が行っている健康ビッグデータの「データ連携」について、東奥日報(1月1日)で紹介されました。

更新日:2020年01月10日

200101-touou-30.jpg

 弘前大学は、九州大学、京都府立医科大学、名桜大学(沖縄県)、和歌山県立医科大学の4大学と連携し、健康施策に役立てる「データ連携」を行っています。

 記事では、「弘前大の岩木ビッグデータを軸に、世界的な健康研究の一大研究拠点形成につなげていきたい」と、弘前大学COI副拠点長の村下教授の言葉が紹介されています。

 記事全文は、以下リンク先よりご覧ください。



―菊谷賢 記者(東奥日報社)





(東奥日報社)
※これらの記事に関しましては、東奥日報社より掲載許可を
 得ています。
※この画像は、当該ページに限って東奥日報の記事利用を
 許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ