新着情報

【メディア情報】弘前大学と京都大学の研究チームが、AIを使った病気の発症リスクの予測モデルを開発したことについて、東奥日報(6月25日)に掲載されました。

更新日:2020年07月01日

200625-touou-1

 弘前大と京都大の研究チームは、人工知能(AI)を使って3年以内に糖尿病や認知症など約20種類の病気にかかる可能性を予測するモデルを開発したと、東奥日報に掲載されました。

 記事では、食生活、遺伝、畷鯉、飲酒が病気と関連しているかどうかも詳しく分かるので一人一人に最適な予防法を提示できる、と紹介されています。
 詳細は、以下リンク先よりご覧ください。



(東奥日報社)
※これらの記事に関しましては、東奥日報社より掲載許可を
 得ています。
※この画像は、当該ページに限って東奥日報の記事利用を
 許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ