新着情報

【メディア情報】1/8に京大・奥野恭史教授が、弘前大学COI特別講演会にご登壇されました。その様子が、陸奥新報(1/9)に“予防医療と現状 弘大でCOI特別講演会”と掲載されました。

更新日:2016年01月15日

kiji

“京都大学大学院医学研究科臨床システム腫瘍学の奥野恭史教授が講師を務め、「ライフビッグデータの医療健康分野応用研究の最前線」と題して講演した”と掲載されました。
-成田真矢記者(陸奥新報社提供)

さらに、奥野教授が京都大医学部付属病院のがん患者に実施した40種の検査の中から、余命予測率が高い検査項目の組み合わせを探した結果や、個別化医療についても触れています。


※この記事に関しましては、陸奥新報社より掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って陸奥新報の記事利用を許諾したものです。転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ