新着情報

【メディア情報】2/24に東大・井元清哉教授が、弘前大学COI特別講演会にご登壇されました。その様子が、陸奥新報(2/25)に“ゲノム解析の現状解説 弘大COI事業 井元教授(東大)講演”と掲載されました。

更新日:2016年03月01日

kiji-2

 “東京大学医科学研究所の井元清哉教授が講師を務め、「ゲノムビッグデータ時代の予防医療応用研究最前線」と題して講演した”と掲載されました。-成田真矢記者(陸奥新報社提供)

 さらに、“東大医科研では、低コストのゲノム解析ができる装置を活用し、100万人のゲノム情報と疾病・体質などの情報を統合したビッグデータの構築と利活用で、社会のニーズと現状のギャップを埋めようとする取り組みを行っていることを紹介”とも掲載され、現状について解説しました。


※この記事に関しましては、陸奥新報社より掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って陸奥新報の記事利用を許諾したものです。転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ