新着情報

【メディア情報】弘前大学・中路教授が登壇した「健康経営応援セミナー」(6/28開催)について、“短命県返上 職場から”と東奥日報(6/29)に記事が掲載されました。

更新日:2016年07月04日

touou-kiji

 職場からの健康増進で短命県返上を目指そうと、東奥日報社は6/28に青森市で企業向けに「健康経営応援セミナー」を開催しました。
経営者や企業の人事担当など200人が参加。国や青森県のリーダー、そして本学から中路教授が登壇し、その言葉が紹介されています。

 “青森が健康づくりで全国の先行事例になってほしい”
 (内閣府委員・東京大学・古井特任助教)
 “経営者や首長は熱い視線を注いで、健康宣言やリーダー育成に
  取り組むべきだ”(弘前大学・中路教授)

 さらに、厚労省・水畑室長や経産省・丸山係長、青森県・嶋谷課長、協会けんぽ青森支部・鳴海支部長、青森商工会議所・若井会頭が、国や県・企業の取組みや事例を発表したことも掲載されています。

 また本セミナーは、アクサ生命保険が特別協賛し、県商議所連合会や協会けんぽ青森支部が特別後援したほか、“9月に弘前市、10月に五所川原市でも開催”されるとも発表されています
-山﨑光弘記者(東奥日報社提供)



※この記事に関しましては、東奥日報社より掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って東奥日報の記事利用を許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ