新着情報

【メディア情報】筋肉量、歩行 歯と関連 弘大 中高年552人を分析-岩木健康増進プロジェクトの健康データを活用した弘前大学の研究成果について、東奥日報11/7で紹介されました。

更新日:2016年11月15日

1107mutu

 弘前大学と弘前市による大規模健康調査「岩木健康増進プロジェクト」には、弘前大学医学部の各講座が参加し、健康ビッグデータを活用した研究を進めています。

 歯科口腔外科学講座(小林恒教教授)のグループは、同プロジェクトで40~79歳の男女552人の口腔と健康状態を調査しました。

 “乾明成(29)によると、調査結果を統計的に分析したところ、歯の数が多いほど、男性では全身の筋肉量が多く、女性では10メートル歩行の速度が速い傾向がみられたという。この研究成果は今年6月、加齢医学を専門とした国際雑誌にも掲載された”と紹介されました。
‐鎌田秀人記者(東奥日報社提供)


※この記事に関しましては、東奥日報社より掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って東奥日報の記事利用を許諾した
 ものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ