新着情報

【メディア情報】働き盛りは健康意識を 県医師会 青森で初の医学会(東奥日報12月5日掲載)

更新日:2016年12月09日

161205 touou-2

 青森県医師会は、12月4日、青森市で“県民の健康増進を考える第1回県医学会を開いた”と掲載されました。

 “基調講演で弘前大学医学部の中路重之教授が、本県は40~60代の死亡率が特に高く、若死にが多いことを指摘”とも紹介されました。

 中路教授は、学校での健康教育や健康リーダーの人材育成の大切さにも言及しました。
シンポジウムでは、青森県の南部町の健康づくりの取り組み発表や、青森市の健康学習の必要性の説明もあり、さらに弘前市のタクシー会社北星交通の取組紹介も行われました-菊谷賢記者(東奥日報)



※この記事に関しましては、東奥日報社より掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って東奥日報の記事利用を許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ