新着情報

【メディア情報】“短命県脱却実現を 産学官、取り組み発表”と1月27日に開催したヘルシーエイジング・イノベーションサミットについて紹介されました(東奥日報1/28掲載)

更新日:2017年02月06日

170128 touou

 弘前大学と青森県、弘前市は、1月27日に「弘前大学COIヘルシーエイジング・イノベーションサミット2017」を弘前市アートホテル弘前シティで開催しました。

 このことについて“産学官が一堂に集い、講演や報告を通じて、短命県脱却やヘルスケア産業の創出について考えた”と掲載されました。

 弘前大学の中路教授による基調講演について“健診当日に新案結果を示しながら受診者を啓発する「新型健診」を2月18日に試行することなどを説明”と紹介されました-鎌田秀人記者(東奥日報)



※この記事に関しましては、東奥日報社より掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って東奥日報の記事利用を許諾した
 ものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ