新着情報

【メディア情報】青森県のがん対策について“目標12項目改善 実効性ある対策を”と東奥日報(2/28)で紹介されました。

更新日:2017年03月07日

kiji

 2月21日、弘前大学の中路重之教授が会長を務める「青森県がん対策推進協議会」が青森市で開かれ、県のがん対策計画の中間評価について報告しました。

 このことについて“個別目標19項目のうち健診受診率など12項目で改善がみられたが、一方で、生活習慣病のリスクを高める多量飲酒をしている人の割合など2項目が悪化した”と紹介されました。
―菊谷賢記者(東奥日報社)



※この記事に関しましては、東奥日報社より掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って東奥日報の記事利用を許諾した
 ものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ