新着情報

【メディア情報】3月13日に行われた弘前大学 中路教授の最終講義について“健康づくりは「地方創生」 短命県返上 取り組みこれからも”と陸奥新報(3月14日)で紹介されました。

更新日:2017年03月15日

mutsu-kiji1

 3月13日、弘前大学の中路重之教授が最終講義を行いました。
 このことについて“本県の「短命県返上」の旗振り役としても知られる弘前大学大学院医学研究科社会医学講座の中路重之教授(65)が今年度末で定年退職を迎える”と紹介されました。
 中路教授が新年度から弘前大学で特任教授として取り組みを継続することも掲載されました―西尾瑛記者(陸奥新報)



※この記事に関しましては、陸奥新報社より掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って陸奥新報の記事利用を許諾した
 ものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ