新着情報

【メディア情報】6月25日、弘前市と弘前大学が開催する「第4回 弘前医療技術イノベーションシンポジウム」について、陸奥新報(6月13日)で紹介されました。

更新日:2017年06月16日

mutsu-kiji-1
表紙
プログラム

 6月25日、弘前市と弘前大学大学院医学研究科整形外科学講座、弘前大学大学院医学研究科社会医学講座は、「第4回 弘前医療技術イノベーションシンポジウム」を弘前大学創立50周年記念会館で開催します。

 このことについて陸奥新報(6月13日)で紹介されました。
※この記事に関しましては、陸奥新報社より掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って陸奥新報の記事利用を許諾した
 ものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。

 本シンポジウムは「健康づくりを中心とした社会イノベーションに向けて」をテーマに、弘前市におけるライフ・イノベーションを推進することを目的に開催します。
 住民の皆様や大学生、医療研究者らにむけて、地域住民の健康増進や先進的な医療に関する取り組みについて紹介します。

 プログラムでは、弘前大学 特任教授 中路重之が登壇するほか、花王 エグゼクティブ・フェローで弘前大学COI社会実装統括の安川拓次氏、長野県松本市長 菅谷昭氏、さらに、名古屋大学総長補佐・名古屋大学医学部附属病院先端医療・臨床研究支援センター病院教授でCOI研究アドバイザー(構造化チーム)の水野正明氏らが、登壇します。
 ぜひご来場下さい。(事前申込制・参加無料)


◆◆◆第4回 弘前医療技術イノベーションシンポジウム◆◆◆
テーマ:健康づくりを中心とした社会イノベーションに向けて
■日時: 6月25日(日)13:00-16:30
■会場: 弘前大学創立50周年記念会館
    (弘前大学文京町キャンパス内、青森県弘前市文京町1)
     http://www.hirosaki-u.ac.jp/jimu/soumu/kaikan/
■対象者: 一般市民、大学生、医療関係者、研究者など、約300名
■参加費: 【参加無料・事前申込制】

■申込: 電話・メール・FAXのいずれかでお申込ください。
 お申込の際は、以下の内容をお伝えください。
 ※お申込みいただいた個人情報は、当シンポジウムの申込のため
  だけに使用し、その他の目的に使用することはありません。
① お名前
② ご住所(市町村名のみ)
③ 申込区分(大学・大学院生、医療関係、個人、その他)
④ 連絡先(携帯可)

【※申込は6月20日(火)まで】
・電話:  0172-40-0631
・メール: hif@city.hirosaki.lg.jp
・FAX: 0172-35-7956

◆プログラム◆
■主催者あいさつ:
弘前市長 葛西憲之

■基調講演:
「健康づくりを中心とした社会イノベーション:その現状と課題」
名古屋大学総長補佐 名古屋大学医学部附属病院先端医療・臨床研究支援センター病院教授COI研究アドバイザー(構造化チーム) 水野正明氏

【座長】弘前大学大学院医学研究科リハビリテーション医学講座 教授 津田英一氏

■指定講演:
「健康づくりを中心とした社会イノベーション」

企業の立場から
 ~社会に貢献できるヘルスケア事業をめざして~
 花王㈱エグゼクティブ・フェロー 弘前大学COI社会実装統括 安川拓次氏

自治体の立場から
 長野県松本市長 菅谷昭氏

大学の立場から
 弘前大学大学院医学研究科社会医学講座 特任教授 中路重之

【代表世話人・座長】弘前大学大学院医学研究科整形外科学講座 教授 石橋恭之氏

■パネルディスカッション:
「近未来の健康づくりのイノベーションについて」

【コーディネーター】(公財)先端医療振興財団臨床研究情報センター センター長 福島雅典氏

【パネリスト】水野正明氏、安川拓次氏、菅谷昭氏、中路重之

■主催者あいさつ:
弘前大学大学院医学研究科社会医学講座 特任教授 中路重之



ページトップへ