新着情報

【メディア情報】12月13日、厚生労働省が発表した「平成27年 都道府県別生命表」について、陸奥新報の社説(12月15日)で“本県平均寿命最下位 延び幅向上は確かな成果”と紹介されました。

更新日:2017年12月18日

171215-M-mutsu-1

 12月13日、厚生労働省が発表した「平成27年 都道府県別生命表」について、陸奥新報の社説(12月15日)で“本県平均寿命最下位 延び幅向上は確かな成果”と紹介されました。
 一方で、伸び幅においては大きな改善がみられたことについて“平均寿命そのものが低いため延び幅が大きくなりやすいとも考えられるが、それよりも「延びしろ」がまだまだあると前向きにとらえたい”と掲載されました。
 伸び幅向上の背景として、弘前大学COIが実施する健康づくりの取組みも紹介されました。

※この記事に関しましては、陸奥新報社より
 掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って陸奥新報の記事利用を
 許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ