新着情報

【メディア情報】「口腔ケアで寿命延伸」健康との関係実証へ―弘前大学COI参画企業・ライオン 和田啓二氏のインタビューが陸奥新報(1月10日)に掲載されました。

更新日:2018年01月11日

180106-M-mutu-1
180106-M-mutu-LION

 “近年、関連が指摘される口腔と全身の健康。弘大COIに参画するライオン(本社東京都)の研究開発本部 弘大COI担当の和田啓二さんに話を聞いた”と掲載されました。

 和田氏が“将来的に唾液を検査して、全身の疾病予兆やサインが分かるようになれば、事前に医療課機関の受診を促せるようになるかもしれない”と語ったことも紹介されました。


 ライオンは弘前大学COIの参画企業の一つで、同大が弘前市の岩木地区で行う大規模住民健診「岩木健康増進プロジェクト」で取得したデータを活用することで、口腔ケアや睡眠と全身の健康について共同研究を行っています。
2016年に同社は同大に寄附講座「オーラルヘルスケア学講座」を開設しています。
和田氏は同大COIの社会実装副統括を務めています。


※この記事に関しましては、陸奥新報社より
 掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って陸奥新報の記事利用を
 許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ