新着情報

【メディア情報】6月6日、弘前大学とハウス食品グループ本社が共同研究講座「食と健康科学講座」開設式を開催したことについて“新たな食習慣提案 健康寿命延伸へ”と東奥日報(6月7日)で紹介されました。

更新日:2018年06月11日

180607-m-touou-kiji-1-1

 6月6日(水)、弘前大学とハウス食品グループ本社は、共同研究講座「食と健康科学講座」を同大医学部内に設置し、その開設式を同大で開催しました。

 このことについて“ビッグデータを活用し、健康な高齢者の食生活や運動習慣、血液データなどを分析する。認知症やフレイル(虚弱)との関わりも調べ、食事の内容から食べるタイミングにまで踏み込むような新たな食のスタイルの提案を目指す”と紹介されました。

―太田佳希記者(東奥日報社)

※この記事に関しましては、東奥日報社より掲載許可を得ています。
※この画像は、当該ページに限って東奥日報の記事利用を許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。


弘前大学、ハウス食品グループ本社 共同研究講座「食と健康科学講座」開設式

■日時: 6月6日(木)15:00~16:00
■場所: 弘前大学医学部 大会議室
■出席者:ハウス食品グループ本社(田口取締役、山本氏、上野氏、前澤氏)
     弘前大学(佐藤学長、若林医学研究科長、中路特任教授、井原教授、村下教授)
■講座開設期間: H30年6月1日~H33年5月31日



ページトップへ