新着情報

【メディア情報】弘前大学 特任教授 中路重之先生が「奥津軽ウェルネス博」の キックオフセミナーで基調講演を行ったことについて、東奥日報(9月29日)で紹介されました。

更新日:2018年10月05日

180929-m-touou-kiji-1-1

 弘前大学 特任教授 中路重之先生が奥津軽の自然に親しみながら短命県返上を目指す企画「奥津軽ウェルネス博」のキックオフセミナーで基調講演を行ったことについて、東奥日報(9月29日)に掲載されました。
 “中路教授は、運動不足や偏った食生活といった乱れた生活習慣の積み重ねが、数十年後にがんや脳卒中を引き起こすと強調。寿命を延ばすためには「子どものうちから健康に関する知識を教えることが重要」と指摘した。”と紹介されました。
 

―野村遥記者(東奥日報社)


※この記事に関しましては、東奥日報社より掲載許可を
 得ています。
※この画像は、当該ページに限って東奥日報の記事利用を
 許諾したものです。
 転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。



ページトップへ