拠点概要

ご挨拶


イノベーションとパッションで、健康の未来を変える 短命県返上から世界人類の健康づくりへ

中路 重之

弘前大学COI 拠点長(リサーチリーダー)
弘前大学大学院医学研究科 社会医学講座 特任教授
中路 重之 Shigeyuki Nakaji, M.D.,Ph.D.
昭和26年7月21日 長崎県諫早市生まれ
昭和54年3月 弘前大学医学部卒業
昭和54年4月 弘前大学医学部内科学第一講座入局
平成16年9月~平成29年3月 弘前大学大学院医学研究科社会医学講座教授
平成24年2月~28年1月 弘前大学大学院医学研究科長(兼医学部長)
平成29年4月 弘前大学大学院医学研究科社会医学講座特任教授、現在に至る


平成25年、文部科学省から革新的イノベーション創出プログラム「COI STREAM」の採択を受けました。この国家的プロジェクトで全国12の拠点*1の一つに選ばれたことは、青森県、弘前大学そして参画企業にとって、この上ない名誉です。採択の連絡を聞いたときは正直、胸が震えました。
 COI STREAMとは“10年後の理想とする社会”(将来像)を想定し、それを実現するために、バックキャスティング(振り返り)した研究活動を行い、新しい成果を産み出し、それを社会実装させることで大きなイノベーションを起こそうというものです。
 本COI拠点では、青森県弘前市で十数年間実施してきた「岩木健康増進プロジェクト」の2,000項目に渡る超多項目健康ビッグデータを解析することで、認知症・生活習慣病などの早期発見を可能にし、予防方法を提唱してその検証を行い、さらにはその成果を社会実装していきます。その流れの先には、青森県の“短命県脱出”と元気な高齢化社会の実現、つまり“10年後の理想とする社会”があるのです。
 我々のCOI拠点活動の重要なキーワードは「認知症・生活習慣病をきたさない、遅らせる」です。その背景には、我が国が男女平均で80歳を超える長寿国になった今、これまでの「いかに生きるか」から「いかに健やかに老いるか」へのパラダイムシフトが起きつつあるからです。
 我々が目指す成果は、産学官民の共同なくしては達成できません。幸いにも青森県では“平均寿命延伸”という共通の目的の下、産学官民あるいは県民が独自あるいは連携した“健康づくり”の動きが加速し続けています。このような連携活動こそが国家的事業であるCOIの理念・本質と合致します。本COI拠点での成果を青森県の健康づくり(短命返上)に役立て、短命県を脱出し、その波を全国に、そして世界に広げていきたいと意気込んでいます。
(注)*1:平成25年時点。平成29年6月末日現在は18拠点。


新たな予防医学の可能性を切り拓くプロジェクトに期待

三村 申吾

青森県知事
三村 申吾 Shingo Mimura
 産学官連携による弘前大学COIは、弘前大学の優れた脳疾患研究と岩木健康増進プロジェクト等によって得られた膨大な健康情報を解析し、新たな予防医療の可能性を切り拓こうとするものです。社会的な意義は大きく、青森県民の健康で豊かな生活の実現や産業活性化への貢献など、その進展に大いに期待しています。革新的なイノベーションが創出され、高齢化が急速に進む日本のみならず、世界の人々のQOLの向上につながりますことを心から願っています。


産学官金の「オール弘前」体制による
健康寿命の延伸と人口減少の抑制への挑戦

葛西 憲之

弘前市長
葛西 憲之 Noriyuki Kasai
 「岩木健康増進プロジェクト」の成果を軸として、生活習慣病などに関する画期的な予兆発見と予防法の開発を目指す弘前大学COIの取組は、超高齢化社会に突入した我が国の課題への大いなる挑戦です。産学官金の「オール弘前」体制でこの取組を進めることで、予防医学の発展と新たな産業の創出による健康寿命の延伸と人口減少の抑制に寄与する革新的で先駆的なモデルとなり、全国へ、そして世界に広がっていくことを期待しています。


我々が挑戦すべきは予防医学におけるイノベーションと新産業の創出

佐藤 敬

弘前大学長
佐藤 敬 Kei Sato
 現代社会の形成に至る過程で、予防医学はきわめて大きな役割を果たしてきました。しかしながら特に認知症や血管疾患のように、生活習慣病をはじめ多くの要因が長期間にわたって関与する疾患には、明確な予防策を確立し実行することは容易ではないと予想されます。弘前大学はこれまでも脳科学研究に力を入れてきましたが、このCOI拠点と健康未来イノベーションセンターの整備によりコホート研究との融合を果たし、予防医学におけるイノベーションへとつなげ、青森県発の新産業や雇用の創出にむけ、全学を挙げて挑戦します。


工藤 寿彦
【プロジェクトリーダー(PL)】
マルマンコンピュータ
サービス株式会社
常務取締役
工藤 寿彦 Toshihiko Kudo
村下 公一
【戦略統括(SL)】
教授・副理事(研究担当)


村下 公一 Koichi Murashita
安川 拓次
【社会実装統括(IL)】
花王株式会社
エグゼクティブ・フェロー

安川 拓次 Takuji Yasukawa
和田 啓二
【社会実装副統括(ISL)】
ライオン株式会社
研究開発本部
弘前大学COI担当
和田 啓二 Keiji Wada
伊東 健
【次世代健康科学イノベー
ションセンター長】
分子生体防御学講座 教授

伊東 健 Ken Itoh

弘前大学COIのロゴについて


弘前大学COIのロゴ

五角形をかたちづくる5つのカラーは、赤=「大学」、黄=「企業」、水色=「自治体」、青=「地域」、ピンク=「住民」を表し、すべての色がそろうことで強固な連携をイメージさせます。先端にぴんと芽生えたグリーンは、イノベーションの創生や上昇、前進、未来を示しています。


ページトップへ