拠点概要

本拠点の目的


拠点名

真の社会イノベーションを実現する革新的「健やか力」創造拠点


本拠点の研究開発概要

本拠点の研究開発概要

 日本は超高齢化社会を迎え,高齢者における健康増進および医療費の削減が社会的課題となっている。なかでも,青森県は,高齢化に加え、加齢性疾患・生活習慣病の罹患率・死亡率が高く県民の寿命を大きく損なっている。
 弘前大学では,"短命県返上"を合言葉に,過去10年にわたって弘前市(岩木地区)におけるコホート研究(岩木健康増進プロジェクト,延べ11,000名,健康情報600項目)を行い,健康指導を行うなどして住民の健康増進に取り組んできた。
 本拠点では,弘前大学が中心となって医療関係者を含む産学官金が一体となった取り組みにより以下の成果を目指す。

1.岩木健康増進プロジェクトにおけるビッグデータを解析して、認知症や生活習慣病の発症を予測する予兆発見アルゴリズムを開発する。さらに,そのアルゴリズムをソフトウェアパッケージ化およびシステム化し,地方自治体や医療機関等が住民や患者に対して早期予兆発見と早期介入を行えるようにする。認知症・生活習慣病に関する画期的な予兆発見と予防法を創出する。

2.弘前大学が実績を有する疾患病態研究および社会医学的アプローチを基盤にして,生活指導・食事指導および運動指導による予防法や,画期的なアンチエイジング法・アンチエイジング製品を開発する。

3.京都府立医科大学が中心となって高齢者が安心して経済活動を行いながら生活を楽しむことができる社会システム実現のために,認知症サポートシステムの開発を行う。

4.九州大学で実施する久山町研究、京都府立医大が実施する京丹後スタディ及び岩木健康増進プロジェクトを連携させることで、新しい研究デザインを創出し、さらに深堀した精度の高い予兆発見と予防法を創出する。

 以上の開発後,社会に実装するためには,住民と大学,民間企業だけでなく,市および県,医療従事者と三師会,さらには健康保険組合が一丸となり地域住民に対して啓発・健診・介入を組織的に行うための社会基盤が必要となる。この社会基盤を組み合わせることによって,高齢者における健康寿命の増進が可能となり,高齢者の認知症や生活習慣病を減らすことで,医療費の節減を目指す。最終的には、健康寿命とQOL向上を実現し「人生90年型ヘルスシティの創造」を達成する。

ページトップへ