【重要なお知らせ】2005-2009、2014年度の岩木健康増進プロジェクト健診へご参加いただいた皆様へのお願い

  日頃より弘前大学 COI 拠点事業へご協力いただき、大変ありがとうございます。
 このお願いは 2005-2009、2014年度の岩木健康増進プロジェクト健診へご参加いただいた皆様へご案内しております。

  弘前大学大学院医学研究科附属健康未来イノベーションセンターと花王株式会社は2005-2009、2014年度の健診で得たデータを用いて、「内臓脂肪蓄積に関与する多様な要因の解明」の研究をさせていただくことになりました。これにより、健康寿命延伸に向け、脂質代謝や免疫機能と肥満との関係を明らかにする予定です。

  個人情報はこれまで同様弘前大学において厳重に管理しますので(責任者:中路重之)、この研究への利用により皆様が不利益になるようなことはございません。
この研究への利用を拒否する場合は下記に添付した情報利用提供停止願いを下記の連絡先まで送付して下さい。ご承諾いただける場合は何も提出する必要はありません。
  今回、この研究への利用を拒否する、しないは皆様方の自由であり、拒否することにより何ら不利益をうけることはありません。

  今回の件について、ご不明の点、ご相談、クレームなどがある場合は下記の連絡先までご連絡下さい。

  研究の詳しい説明につきましては、本ページ下部を御覧ください。


 【お問合せ先および情報利用停止願い送付先】
  弘前大学大学院医学研究科附属健康未来イノベーションセンター教授 玉田 嘉紀
  住所:〒036-8562 弘前市在府町5 電話:0172-39-5498


 

 

研究の詳しい説明

 1. 今回、花王株式会社と弘前大学が共同して行う「内臓脂肪蓄積に関与する多様な要因の解明」(研究責任者:玉田嘉紀)は、「岩木健康増進プロジェクト健診」の健康ビッグデ ータを活用し、肥満の原因追求と肥満が原因で起こる疾病予防が目的です。これにより、肥満に伴う疾病予防を追求することが可能となり、将来的には健康寿命の延伸およびQOLの向上に貢献できます。具体的には以下の点について解析・検討します。

 内臓脂肪蓄積は免疫と関連する報告があり、血液中の免疫を司るNK細胞などとの関連が示唆されています。そこで肥満と免疫との相関を解析いたします。また、肥満は摂取と消費のバランスにより決定されますが、呼気分析によって脂肪燃焼のマーカーであるアセトン等を調べることにより代謝のメカニズム検討が可能かもしれません。呼気分析結果と肥満との関係の解析を行います。
 
 2. 利用する検体およびデータ:新たに検体採取などのご協力をお願いすることはありません。現在弘前大学に保管されている2005年から2009年の健診で得た呼気分析結果や、2014年度の健診で得たインターロイキンやNK細胞等血液データ、腹囲周囲長等測定データ、食事データ等を用いて解析します。匿名化(とくめいか)して、誰のものかわからないようにしたものを使います。

 3. この研究への利用を承諾しない場合は、情報利用提供停止願いを「弘前大学大学院医学研究科附属健康未来イノベーションセンター 教授 玉田 嘉紀」宛にお送りください。その場合、それによってあなたが不利益をこうむることはありません。情報利用停止願いを受け取った後にデータがこの研究に利用されることはありません。ただし、すでに研究結果が論文などで公表されている場合には、公表ずみの結果を訂正することができませんので、あらかじめご了承ください。
 ご承諾いただける場合には、ご連絡の必要はございません。

 4. 研究に利用されるデータの項目等より詳しい研究の内容は、研究計画書に記載されています。どなたでも個人情報や知的財産権の保護に支障がない範囲で研究計画書をご覧いただけますので、ご希望の場合はお問い合わせください。